【とっておき・すぺしゃる!!】開催のお知らせ

すでに出演者のみなさまには連絡をしていますが、5月15日に開催を予定していた【とっておきの音楽祭 in Machida 2022】は感染症対策を考慮して2022年10月9日(日)に変更いたしました。

しかし、せっかくスケジュールを入れていただいていたゲストミュージシャンの方々のステージをそのまま無しにするのはもったいないと特別なライブを準備しました。

【とっておき・すぺしゃる】
日 時:2022年5月15日(日) 15:00 開場 15:30 開演
入場料:3,500円 (別途、1ドリンク必要です)
会 場:club FLAVA 〒194-0013 東京都町田市原町田2丁目7-3
完全予約制 ※感染症対策のため事前の予約が必ず必要です
予約方法  応募フォームにご記入ください
      先着40名です。お早めにお申し込みください.

【とっておき・すぺしゃる】出演ミュージシャン紹介

【マジキッシュ】

【とっておきの音楽祭 in Machida 2022】オープニングテーマ「とっておきの歌」の作者

東京都町田市出身の同級生2人組。小中高と一緒の学校に通い高校生からバンドを始める。高校卒業後はそれぞれ別のバンドで活動していたが、時期を同じくして解散してしまう。音楽への情熱を捨てきれなかった2人は「それならもう一回一緒にやってみよう!」とマジキッシュを結成。バンド名の由来は2人が中学時代にふざけて使っていた造語である。

【田川ヒロアキ w/石黒彰】

【とっておきの音楽祭 in Machida 2022】フィナーレで使用する「Sky」の作者

東京パラリンピック開会式出演アーティスト
ギターのネックを逆から握る盲目の超絶技巧ギタリスト
一般の奏法を見た経験がない為、ピアノのような独自の演奏スタイルを確立し、 超高速プレイからメロディアスなフレーズを奏でる。 
コンサート、イベント、学校、医療機関での演奏を始め、コンポーザー、プロデュー サーとして、TVやラジオ、イメージソングの作曲を手がける。
今回はスペシャルゲストとして石黒彰を迎えて演奏します。
ゲスト「石黒彰」
東京都出身のキーボーディスト、マニピュレーター、作曲家、編曲家。
国立音楽大学作曲科卒業。1992年レクター・H伯爵名義でキーボードアーティストとして聖飢魔IIの准構成員として2年間参加する。
現在、海外ミュージシャンとの共演、数々のレコーディングとLIVEで活躍中。

【とっておきの音楽祭 in Machida 2022】は10月に延期されました

すでに、参加のみなさまにはメールでお伝えしましたが、【とっておきの音楽祭 in Machida 2022】は2022年5月15日の開催予定を2022年秋に延期致しました。

延期の理由として
①コロナ禍の感染者数が高止まりのまま推移している
②BA.2株の増加など5月にはさらに感染者数が増える可能性が指摘されている
③とっておきの音楽祭と言う性格上、基礎疾患を持った演者・来場者が多数いること
が挙げられます。

2022年の秋には,このような心配がなく笑顔で開催できることを信じて実行委員一同、準備をすすめて参ります。

© 2022 とっておきの音楽祭 in Machida.